まち博


まち全体が 活きたパビリオン まち全体が博覧会場
かなざわ・まち博とは

ホーム > まち博メモリアル2015


【かなざわ・まち博メモリアル2015】

かなざわ・まち博2015実施概要

■第14回「かなざわを描く」絵画コンクール
今年で14回目となった「かなざわを描く」絵画コンクールは、県内の小中学校から300点を超える応募がありました。前田昌彦金沢美術工芸大学学長による審査の結果、大賞1点、準大賞1点、入賞作品21点が選ばれました。
 応募いただいた全作品は、金沢美術工芸大学で開催期間中展示しました。
■春のまち博 開催期間:3月21日-4月19日
「桜」をテーマに、春のまち博を30日間実施しました。春のはなやかさを彩る限定和洋菓子「さくらスイーツ」27アイテムを、市内のそれぞれの菓子店で販売。
 北陸新幹線金沢開業に合わせて発行した「かなざわ・まち博2015 認定スポットガイド」と「さくらスイーツ」を紹介した紙面を、北國新聞朝刊及び公式HPにて紹介しました。
■夏のまち博 開催期間:7月18日−8月23日
夏の本祭は、7月18日から8月23日の37日間にわたって開催し、101講座を実施しました。1万人を超える方々にご応募いただき、約3,000名の市民をはじめとするたくさんの皆様に、金沢の伝統・文化・歴史など、多彩な金沢を体感していただく機会を提供しました。観光案内所や市内主要ホテル、北陸鉄道城下まち周遊バスなどに配布させていただいた「まち博認定スポットガイド2015」も、まちを歩いて楽しむガイドブックとして市民や観光客の皆様にご活用いただき、金沢の活きたまちの魅力に触れていただきました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


(画像クリック後、数秒間待つとスライドショーがスタートします)【オリジナルPDF:5.1MB
1P 2P 3P 4P 5P 6P 7P 8P 9P 10P 11P 12P 13P 14P 15P 16P 17P 18P 19P 20P



私たちは、かなざわ・まち博を応援しています。 ページトップへもどる